さけます事業所周辺 野鳥観察種リスト

【年月日】 2017年6月9日(金)
【時 刻】 4:20〜7:20
【天 候】 晴れ
【観察種】
  1. オシドリ    10. ハシブトガラ   19. ニュウナイスズメ
  2. マガモ     11. シジュウカラ   20. ハクセキレイ
  3. キジバト    12. ヒヨドリ     21. カワラヒワ
  4. アオバト    13. ウグイス     22. ベニマシコ
  5. ツツドリ    14. ヤブサメ     23. シメ
  6. カワセミ    15. センダイムシクイ 24. イカル
  7. ヤマゲラ    16. ゴジュウカラ   25. アオジ
  8. ハシボソガラス 17. クロツグミ
  9. ハシブトガラス 18. キビタキ
【備 考】
全国鳥類繁殖分布調査です。
そのコースですので、名水ふれあい公園から千歳さけます事業所よりいつもより先までです。
オシドリはオスのみ確認出来ました。
カワセミは、釣り人が入る前だからか、いつもより頻繁に観察で、全体で4羽いるようです。
クロツグミとヤマゲラがサイクリングロード上で餌を探していました。

【年月日】 2017年5月19日(金)
【時 刻】 7:00〜7:40
【天 候】 晴れ
【観察種】
  1. アカゲラ    5. ヤブサメ      9. クロツグミ
  2. シジュウカラ  6. エナガ      10. キビタキ
  3. ヒヨドリ    7. センダイムシクイ 11. ベニマシコ
  4. ウグイス    8. キバシリ     12. アオジ
【備 考】
第一烏柵舞橋周辺と道道と千歳川が分かれる周辺です。
キビタキやクロツグミがきれいな声で鳴いていました。
キバシリが目の前にいましたが、なかなか気づきません。
画像はベニマシコです。

【年月日】 2017年5月14日(日)
【時 刻】 8:00〜11:40
【天 候】 くもり
【観察者】 北海道野鳥愛護会探鳥会
【観察種】
  1. オシドリ    15. ハシボソガラス  29. キバシリ
  2. マガモ     16. ハシブトガラス  30. クロツグミ
  3. カルガモ    17. ハシブトガラ   31. コサメビタキ
  4. キンクロハジロ 18. ヤマガラ     32. キビタキ
  5. キジバト    19. ヒガラ      33. オオルリ
  6. アオサギ    20. シジュウカラ   34. ニュウナイスズメ
  7. ツツドリ    21. ツバメ      35. キセキレイ
  8. ミサゴ     22. イワツバメ    36. ハクセキレイ
  9. トビ      23. ヒヨドリ     37. セグロセキレイ
 10. ハイタカ    24. ウグイス     38. カワラヒワ
 11. カワセミ    25. ヤブサメ     39. イカル
 12. コゲラ     26. センダイムシクイ 40. アオジ
 13. アカゲラ    27. メジロ
 14. ヤマゲラ    28. ゴジュウカラ
【備 考】
第一烏柵舞橋から王子製紙第4発電所までの往復です。
コサメビタキの多さが目立ちました。
オオルリとキビタキ、セグロセキレイとハクセキレイが並んで見られました。
ミサゴが大きな魚を抱えて飛んでいました。
オシドリはつがいで見られました。

【年月日】 2017年5月6日(土)
【時 刻】 7:20〜8:30
【天 候】 くもり
【観察種】
  1. キジバト     9. ウグイス     17. コサメビタキ
  2. ミサゴ     10. ヤブサメ     18. キビタキ
  3. コゲラ     11. エナガ      19. オオルリ
  4. ハシブトガラス 12. エゾムシクイ   20. セグロセキレイ
  5. ハシブトガラ  13. センダイムシクイ 21. ベニマシコ
  6. ヤマガラ    14. ゴジュウカラ   22. シメ
  7. シジュウカラ  15. キバシリ     23. アオジ
  8. ヒヨドリ    16. クロツグミ
【備 考】
第一烏柵舞橋から道道と千歳川が分かれるところまでです。
ミサゴは魚を抱えて飛んでいきました。
センダイムシクイの声が少しずつ賑やかになっています。
キビタキはすぐ近くで鳴いていました。
画像はキバシリです。

【年月日】 2017年5月3日(水)
【時 刻】 11:05〜11:57
【天 候】 晴れ
【観察種】
  1. アカゲラ     6. ヤブサメ     11. カワラヒワ
  2. ハシブトガラス  7. エナガ      12. ベニマシコ
  3. ヒガラ      8. センダイムシクイ 13. アオジ
  4. シジュウカラ   9. ゴジュウカラ
  5. ウグイス    10. オオルリ
【備 考】
第一烏柵舞橋周辺です。
姿は確認出来ませんでしたが、オオルリのさえずりが聞こえました。
エナガが2羽で巣材を集めていました。
ヒガラの群れが見られました。
画像はベニマシコですが、地面に降りて餌を探していました。

【年月日】 2017年4月25日(火)
【時 刻】 7:50〜8:18
【天 候】 くもり
【観察種】
  1. キジバト  6. ハシブトガラス  11. ゴジュウカラ
  2. トビ    7. イワツバメ    12. ニュウナイスズメ
  3. カワセミ  8. ヒヨドリ     13. ハクセキレイ
  4. コゲラ   9. ウグイス     14. セグロセキレイ
  5. ヤマゲラ 10. センダイムシクイ
【備 考】
第一烏柵舞橋周辺です。
橋の両側を2羽のカワセミが飛び交っていました。
イワツバメは上空を数羽、舞っていました。
ハクセキレイとセグロセキレイが20分ぐらい、争っていました。

【年月日】 2016年11月12日(土)
【時 刻】 11:34〜12:09
【天 候】 くもり
【観察種】
  1. マガモ     5. コゲラ      9. シジュウカラ
  2. ホオジロガモ  6. ハシボソガラス 10. ヒヨドリ
  3. アオサギ    7. ハシブトガラ  11. ゴジュウカラ
  4. トビ      8. ヤマガラ    12. ツグミ
【備 考】
道道支笏湖線から千歳川沿いに入り、市道と千歳川が分かれる辺りまでです。
まだオジロワシもオオワシも見られませんでした。
数羽のマガンとホオジロガモが見られました。
アオサギが木の上から何かを狙っていました。

【年月日】 2016年5月15日(日)
【時 刻】 8:00〜12:00
【天 候】 晴れ後くもり
【観察者】 北海道野鳥愛護会探鳥会
【観察種】
  1. ヒドリガモ   14. ハシブトガラス  27. キバシリ
  2. マガモ     15. ハシブトガラ   28. クロツグミ
  3. キンクロハジロ 16. ヤマガラ     29. コサメビタキ
  4. キジバト    17. ヒガラ      30. キビタキ
  5. アオサギ    18. シジュウカラ   31. オオルリ
  6. ツツドリ    19. イワツバメ    32. ニュウナイスズメ
  7. トビ      20. ヒヨドリ     33. ハクセキレイ
  8. ハイタカ    21. ウグイス     34. セグロセキレイ
  9. カワセミ    22. ヤブサメ     35. カワラヒワ
 10. コゲラ     23. エナガ      36. イカル
 11. アカゲラ    24. センダイムシクイ 37. アオジ
 12. ヤマゲラ    25. メジロ      38. クロジ
 13. ハシボソガラス 26. ゴジュウカラ
【備 考】
第2烏柵舞橋から王子第4発電所の往復です。
オオルリとキビタキが賑やかにさえずっていました。
セグロセキレイが幼鳥に給餌しているところが観察されました。

【年月日】 2016年5月12日(木)
【時 刻】 6:00〜7:30
【天 候】 くもり
【観察種】
1. キジバト     8. ウグイス     15. ニュウナイスズメ
2. ツツドリ     9. ヤブサメ     16. ハクセキレイ
3. コゲラ     10. センダイムシクイ 17. セグロセキレイ
4. ハシボソガラス 11. ゴジュウカラ   18. カワラヒワ
5. ハシブトガラス 12. コサメビタキ   19. アオジ
6. ヒガラ     13. キビタキ     20. クロジ
7. ヒヨドリ    14. オオルリ
【備 考】
第2烏柵舞橋からふ化場付近とその北側付近です。
ツツドリが数カ所で鳴いていました。
クロジがウグイスだと思いますが、争っていました。
セグロセキレイは、ふ化場付近に数羽いました。


【年月日】 2005年06月05日(日)
【時 刻】 09:00−11:30
【天 候】 くもり後晴れ
【観察者】 日本野鳥の会苫小牧支部探鳥会
【観察種】
1.キンクロハジロ 10.ヒヨドリ     19.ヒガラ
2.トビ      11.カワガラス    20.シジュウカラ
3.キジバト    12.クロツグミ    21.アオジ
4.アオバト    13.ヤブサメ     22.カワラヒワ
5.ジュウイチ   14.ウグイス     23.イカル
6.ツツドリ    15.センダイムシクイ 24.シメ
7.アカゲラ    16.キビタキ     25.ニュウナイスズメ
8.キセキレイ   17.オオルリ     26.ハシブトガラス
9.ハクセキレイ  18.コサメビタキ
【備 考】
 さけますふ化場から千歳川沿いに王子第4発電所までです。
 ジュウイチとアオバトは、探鳥会開始前に鳴き、カワラヒワは鳥合わせ後に現れました。
 ほとんどが鳴き声で、実際に姿を見せたのは、8種類ほどでした。
【雑 記】
 千歳JAL国際マラソンと重なってしまったため、いつもクルマを停めている駐車場は、給水所になり、使えなかったため、さけますふ化場にお願いして停めさせていただきました。
 それが幸いしてか、探鳥会後は、サケの稚魚の放流もさせていただきました。

【場 所】 さけますふ化場周辺
【年月日】 2005年05月21日(土)
【時 刻】 09:23−10:42
【天 候】 晴れ
【観察種】
1.キジバト    7.ウグイス     13.ゴジュウカラ
2.ツツドリ    8.センダイムシクイ 14.キバシリ
3.アカゲラ    9.キビタキ     15.アオジ
4.キセキレイ  10.ハシブトガラ   16.カワラヒワ
5.ハクセキレイ 11.ヒガラ      17.ハシボソガラス
6.ヒヨドリ   12.シジュウカラ   18.ハシブトガラス
【備 考】
 第一烏柵舞橋からサケマスふ化場周辺を歩きました。
 時間の関係もあるのか、この時期としては種類が少なかった気がしますが、もう少し奥まで行かないといけないのかもしれません。
【雑 記】
 一人で奥に行くには、ヒグマが恐ろしいです(^_^;)

【場 所】 さけますふ化場周辺
【年月日】 2003年11月02日(日)
【時 刻】 13:12−14:28
【天 候】 快晴
【観察種】
1.オオアカゲラ  5.ハシブトガラ  9.カケス
2.コゲラ     6.シジュウカラ 10.ハシブトガラス
3.ヒヨドリ    7.ゴジュウカラ
4.エナガ     8.カワラヒワ
【備 考】
烏柵舞橋からさけますふ化場千歳支場までです。
オオアカゲラは、烏柵舞橋近くです。


【場 所】 千歳ふ化場周辺
【年月日】 1997年02月11日(火)
【時 刻】 09:50−11:40
【天 候】 晴れ後くもり
【観察種】
1.マガモ   4.オオアカゲラ  7.シジュウカラ
2.トビ    5.コゲラ     8.ハシボソガラス
3.アカゲラ  6.ハシブトガラ  9.ハシブトガラス
【備 考】
川は千歳川です。
冬鳥を期待していたのですが、何もいませんでした。
【雑 記】
千歳川の岸の木の枝にテグスがついたルアー(?)が引っかかっていました。
どうしたら引っかかるのかよく分かりませんので、マナーの悪さか、不可抗力なのか解りませんが、ちなみに一帯は禁漁地域です。


【場 所】 千歳川
【年月日】 1996年06月02日(日)
【時 刻】 07:00−09:40
【天 候】 くもり
【観察者】 日本野鳥の会苫小牧支部探鳥会参加者
【観察種】
1.アオサギ   12.ハクセキレイ    23.ハシブトガラ
2.マガモ    13.セグロセキレイ   24.ヤマガラ
3.トビ     14.ヒヨドリ      25.シジュウカラ
4.キジバト   15.ミソサザイ     26.メジロ
5.アオバト   16.クロツグミ     27.ホオジロ
6.ヤマセミ   17.ヤブサメ      28.アオジ
7.アカゲラ   18.ウグイス      29.カワラヒワ
8.オオアカゲラ 19.エゾムシクイ    30.ベニマシコ
9.コゲラ    20.センダイムシクイ  31.イカル
10.イワツバメ  21.キビタキ      32.ニュウナイスズメ
11.キセキレイ  22.オオルリ      33.ハシボソガラス
【備 考】
歩いたコースは、第1烏柵舞橋から王子第4ダムまでの往復です。
時間の関係もあるのか、実際に見られた種類は、非常に少なかったです。
その中で、アオバトはじっくりと見られ、群で飛んでいたのですが、今が渡りの時期かもしれない、とのことでした。
他に、ツツドリかカッコウが確認されましたが、どちらかは識別できませんでした。
【雑 記】
探鳥会の参加者は22名でした。


【場 所】 千歳川(鳥柵舞橋〜王子第4発電ダム)
【年月日】 1995年5月14日
【時 刻】 04:45〜08:30
【天 候】 くもり時々小雨
【観察者】 北海道野鳥愛護会探鳥会参加者
【観察種】
1.カイツブリ   17.ビンズイ      33.ヤマガラ
2.アオサギ    18.ヒヨドリ      34.シジュウカラ
3.マガモ     19.コルリ      35.ゴジュウカラ
4.キンクロハジロ 20.トラツグミ    36.メジロ
5.トビ      21.クロツグミ    37.ホオジロ
6.キジバト    22.アカハラ     38.アオジ
7.アオバト    23.ヤブサメ     39.クロジ
8.ツツドリ    24.ウグイス     40.カワラヒワ
9.ヤマセミ    25.エゾムシクイ   41.ベニマシコ
10.カワセミ    26.センダイムシクイ 42.イカル
11.ヤマゲラ    27.キビタキ     43.シメ
12.アカゲラ    28.オオルリ     44.ニュウナイスズメ
13.コゲラ     29.コサメビタキ   45.スズメ
14.イワツバメ   30.エナガ      46.カケス
15.キセキレイ   31.ハシブトガラ   47.ハシボソガラス
16.ハクセキレイ  32.ヒガラ      48.ハシブトガラス
【備 考】
例年恒例の探鳥会ですが、今年もアカショウビンはいませんでした。
でも、毎年探鳥会以後に確実にやってきているようですので、もう少しあとが楽しみかもしれません。
ヤマセミは、川の上を何度も行き来しているところが見られ、某所(詳しい場所はちょっと伏せました)で営巣しています。
千歳市では、ツツドリ、キビタキは初鳴きです。
【雑 記】
実は、途中で「アカショウビンの声がした!」と一瞬緊張したのですが、別グループが流したテープだと分かり、一同がっくりでした(^_^;)


【場 所】 千歳川(鳥柵舞橋〜王子第4ダム)
【年月日】 1994年05月15日
【時 刻】 04:30−09:30
【天 候】 くもり一時小雨
【観察者】 北海道野鳥愛護会探鳥会参加者
【観察種】
1. アオサギ     19. モズ       37. シジュウカラ
2. オシドリ     20. ミソサザイ    38. ゴジュウカラ
3. マガモ      21. コマドリ     39. キバシリ
4. トビ       22. コルリ      40. メジロ
5. オオジシギ    23. クロツグミ    41. ホオジロ
6. キジバト     24. アカハラ     42. アオジ
7. アオバト     25. ヤブサメ     43. クロジ
8. ツツドリ     26. ウグイス     44. カワラヒワ
9. カワセミ     27. メボソムシクイ  45. ベニマシコ
10. ヤマゲラ     28. センダイムシクイ 46. イカル
11. アカゲラ     29. キクイタダキ   47. シメ
12. オオアカゲラ   30. キビタキ     48. ニュウナイスズメ
13. コゲラ      31. オオルリ     49. スズメ
14. ツバメ      32. コサメビタキ   50. カケス
15. キセキレイ    33. エナガ      51. ハシボソガラス
16. ハクセキレイ   34. ハシブトガラ   52. ハシブトガラス
17. セグロセキレイ  35. ヒガラ
18. ヒヨドリ     36. ヤマガラ
【備 考】
千歳市内から支笏湖へ向かう国道の途中、千歳川にかかる鳥柵舞橋から千歳川に沿って、王子第4ダムまでの往復です。
去年の同探鳥会ではアカショウビンが見られているらしいので期待したのですが、今年は声も聞かれませんでした。
スズメは集合場所にあてた個人商店の駐車場(橋よりちょっと千歳市内寄り)でのもので、他はすべてニュウナイスズメです。
北海道では今年はオオルリが多い、という話しをあちこちで聞くのですが、そんなことも影響しているのか、ここでもオオルリが非常に目立ちました。
私は所用があって鳥合わせの頃に帰ったため、詳しいことは分からないのですが、ヤマセミらしきものが飛び立つところを見たという方がいらっしゃったのですが、見たのがリーダーの方一人だったためか、却下されたようです。
この探鳥会の前日、参加者のほとんどは支笏湖ユースホステルに泊まったのですが、21時頃に鳥柵舞橋にアオバズクの声を聞くために何人かが向かったのですが、声どころか、街路灯に集まる虫を狙ってきたと思われるアオバズクの影を見ることが出来たようです。
【雑 記】
始まりの挨拶が終わってすぐに「ヤマセミ!」の言葉に全員が「幸先がいい!」と喜んだのですが、レプリカでした(^_^;)
ここまでの交通機関としては、千歳市内から支笏湖行きのバスに乗り、「支笏湖病院前」で降りるのだと思うのですが、バスが動き出す時間では遅いようです。
千歳川沿いを最初はサイクリングロードを歩き、サケマスふ化場からは細い道にそれるのですが、奥の王子第4ダムへ向かう作業員のクルマが走るためか、比較的歩きやすい道です。
センダイムシクイのさえずりも千歳では今シーズン初めて聴きました。