林東公園
(千歳市大和2丁目)

道道16号線(支笏湖公園線)沿いにあります。
1996年4月に「千歳ふるさと創生基金運営委員会」から提言された「水と緑に包まれたふるさとづくり」により作られた公園のようです。
公園のある場所は千歳川の河川敷にあたり、河川管理者の北海道から千歳市が占有許可を受けて管理しています。
河川敷であるため、工作物の設置に制限があり、現状の自然を残すことを基本に市民の憩いの場として整備されました。

道道16号線と千歳川に囲まれ、千歳川の対岸には青葉公園が広がっています。
そのため、面積が1.61ヘクタールの小さな公園ながら森林性の野鳥、池や千歳川には水辺の野鳥が見られ、青葉公園から様々な野鳥の声が聞こえます。
また、冬期間には北海道では夏鳥と言われている野鳥が見られることもあります。

市道をはさんで駐車場もあり、15台ぐらいが停められると思いますが、冬は除雪をしていないこともあります。
また、駐車場には簡単なトイレもありますが、冬期間は閉鎖されています。


 

林東公園の入口ですが、反対側のおはよう橋を通って青葉公園からも来ることが出来ます。
また、右上は道道からの入口です。


林東公園の地図です。


 

コウホネの池です。
コウホネの池は、千歳川のいわゆる三日月湖のような形で残されたところらしいのですが、千歳川の流れが変わって残されたということではないらしいです。
冬には全面結氷してしまいますが、いくつかの水鳥が見られます。
名前の通り、コウホネが夏には見られます。(右上)


 

 

散策路等です。






カウンター