ウトナイ湖 野鳥観察種リスト

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
 2021年 2022年  2023年  2024年  2025年 

【年月日】 2020年4月4日(土)
【時 刻】 11:34~13:10
【天 候】 晴れ後くもり(強風)
【観察種】 15種
  1. コブハクチョウ  6. オジロワシ   11. ヤマガラ
  2. ヒドリガモ    7. コゲラ     12. シジュウカラ
  3. マガモ      8. ハシボソガラス 13. エナガ
  4. アオサギ     9. ハシブトガラス 14. ハクセキレイ
  5. トビ      10. ハシブトガラ  15. ベニマシコ
【備 考】
ネイチャーセンターから野生鳥獣保護センターまでの往復とイソシギのデッキまでの往復です。
かなり風が強かったですが、オジロワシが1羽、湖面を見ながら飛んでいましたが、風の影響はきつそうでした。
ヒドリガモの群れが見られましたが、マガモは1つがい、コブハクチョウは1羽でした。
亜種シマエナガは、数カ所で見られましたが、どちらも単独で見られました。
アオサギは、林から湖面に向かって飛んでいました。

 

【年月日】 2020年3月21日(土)
【時 刻】 4:40~6:00
【天 候】 晴れ
【観察種】 13種
  1. マガン      6. マガモ    11. ハシブトガラス
  2. ハクガン     7. ホシハジロ  12. シジュウカラ
  3. オオハクチョウ  8. ホオジロガモ 13. ハクセキレイ
  4. ヨシガモ     9. ミコアイサ
  5. ヒドリガモ   10. ハシボソガラス
【備 考】
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターのヒシクイ・マガン羽数調査で自身で確認できたものです。
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター側の東屋からです。
マガンは約6000羽、その中に約20羽のハクガンが混じっていました。
一気に湖面は静かになりました。

【年月日】 2020年3月18日(水)
【時 刻】 4:30~6:00
【天 候】 くもり
【観察種】 18種
  1. マガン       7. ホシハジロ   13. アオサギ
  2. ハクガン      8. キンクロハジロ 14. ダイサギ
  3. シジュウカラガン  9. ミコアイサ   15. カワセミ
  4. オオハクチョウ  10. カワアイサ   16. ハシブトガラス
  5. ヨシガモ     11. ウミアイサ   17. ヒヨドリ
  6. マガモ      12. カワウ     18. ハクセキレイ
【備 考】
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターのヒシクイ・マガン羽数調査で自身で確認できたものです。
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター側の東屋からです。
マガンは約7万羽、ハクガンは全体で7羽、シジュウカラガンは2羽でした。
カワセミは声のみが確認できました。

【年月日】 2020年3月7日(土)
【時 刻】 13:14~13:47
【天 候】 晴れ
【観察種】 10種
  1. マガン      5. トビ       9. シジュウカラ
  2. コハクチョウ   6. オジロワシ   10. ウソ
  3. オオハクチョウ  7. ハシボソガラス
  4. ヒドリガモ    8. ハシブトガラ
【備 考】
サンクチュアリネイチャーセンターからイソシギのテラスまで行き、一部キタキツネの小径を使って戻りました。
鳥獣保護センター側はわかりませんが、美々川が注ぎ込んでいる部分を中心に開いています。
林では1羽のウソが確認できました。
遠さもあり、ヒシクイはいたのかもしれませんが、確認できませんでした。
オジロワシは3羽でした。
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターによると4日(水)にマガン18千羽が確認されているそうです。
【雑 記】
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターもウトナイ湖野生鳥獣保護センターも新型コロナウィルス感染防止対策のため閉館になっていますが、散策路は歩くことが出来ますし、サンクチュアリネイチャーセンターの玄関口には自然情報があります。

【年月日】 2020年2月8日(土)
【時 刻】 13:12~14:26
【天 候】 晴れ
【観察種】 12種
  1. オオハクチョウ  5. ハシブトガラス  9. エナガ
  2. トビ       6. ハシブトガラ  10. ゴジュウカラ
  3. コゲラ      7. シジュウカラ  11. ツグミ
  4. アカゲラ     8. ヒヨドリ    12. カワラヒワ
【備 考】
ネイチャーセンターから野生鳥獣保護センターに近い東屋までの往復です。
湖面はほぼ全面、完全に結氷してしまいました。
美々川が流れ込んでいる辺りが、開いているようで、カモ類が見られましたが、近くまで行かなかったため、種類までは確認できませんでしたが、オオハクチョウだけは確認できました。
林の中ではカラ類の群れの近くで亜種シマエナガの群れも見られました。
カワラヒワは、千歳方向の入口近くに数羽が見られました。
野鳥ではありませんが、結氷した湖面を走る2頭のキタキツネが見られました。