舞鶴遊水地 野鳥観察種リスト

2015年上期 2015年下期 2016年上期 2016年下期 2017年上期 2017年下期
2018年上期 2018年下期 2019年上期 2019年下期 2020年上期 2020年下期
2021年上期 2021年下期 2022年上期 2022年下期 2023年上期 2023年下期

【年月日】 2019年4月27日(土)
【時 刻】 9:20~12:00
【天 候】 くもり
【観察種】 22種
  1. ヒシクイ    9. シマアジ  17. ハシボソガラス
  2. マガン    10. コガモ   18. ヒバリ
  3. ヨシガモ   11. カワアイサ 19. ノビタキ
  4. ヒドリガモ  12. アオサギ  20. ハクセキレイ
  5. マガモ    13. タンチョウ 21. ホオアカ
  6. カルガモ   14. トビ    22. アオジ
  7. ハシビロガモ 15. オジロワシ
  8. オナガガモ  16. チュウヒ
【備 考】
日本野鳥の会苫小牧支部探鳥会でしたが、去年も寒かったですが、今年も寒くなりました。
まだ草が育っていないため、ノビタキをじっくりと観察することが出来ました。
マガンは6羽、ヒシクイは4羽残っていましたが、その後、あらたに9羽のマガンが戻って来ました。
ヨシガモ、カワアイサ、ホオアカは、探鳥会の時間外に個人的に観察できたものです。

【年月日】 2019年4月20日(土)
【時 刻】 15:30~19:10
【天 候】 晴れ
【観察種】 16種
  1. ヒドリガモ   7. キンクロハジロ 13. ハシブトガラス
  2. マガモ     8. カイツブリ   14. ヒバリ
  3. カルガモ    9. アオサギ    15. ハクセキレイ
  4. ハシビロガモ 10. タンチョウ   16. カワラヒワ
  5. シマアジ   11. トビ
  6. コガモ    12. ハシボソガラス
【備 考】
マガン・ヒシクイの一斉羽数調査でしたが、肝心なマガンもヒシクイも1羽も戻りませんでした。
タンチョウは最初、3羽いましたが、2羽で1羽を追い出してしまったようです。
シマアジは4羽程と思います。
チゴハヤブサらしき個体が飛んでいましたが、確認できませんでした。

 

【年月日】 2019年3月24日(日)
【時 刻】 15:18~18:30
【天 候】 晴れ時々雪
【観察種】 18種
  1. ヒシクイ     7. カルガモ    13. アオサギ
  2. マガン      8. オナガガモ   14. タンチョウ
  3. コハクチョウ   9. キンクロハジロ 15. トビ
  4. オオハクチョウ 10. ミコアイサ   16. オジロワシ
  5. ヒドリガモ   11. カワアイサ   17. オオワシ
  6. マガモ     12. カワウ     18. ハシボソガラス
【備 考】
マガン・ヒシクイ羽数調査でした。
ほとんどがマガンでした。
オジロワシが多く見られました。
カモ類はほとんどがオナガガモです。

 

【年月日】 2019年2月24日(日)
【時 刻】 13:10~13:30
【天 候】 晴れ
【観察種】 5種
  1. ヒシクイ     3. マガモ  5. ハシボソガラス
  2. オオハクチョウ  4. トビ
【備 考】
1千羽弱ぐらいのヒシクイがまだ雪原のままの状態のところにいました。
この時期としては早いかもしれません。
双眼鏡を持って行かなかったため、きちんと観察出来ませんでした。