舞鶴遊水地 野鳥観察種リスト

2015年上期 2015年下期 2016年上期 2016年下期 2017年上期 2017年下期
2018年上期 2018年下期 2019年上期 2019年下期 2020年上期 2020年下期
2021年上期 2021年下期 2022年上期 2022年下期 2023年上期 2023年下期
2024年上期 2024年下期 2025年上期 2025年下期 2026年上期 2026年下期

【年月日】 2021年6月3日(木)
【時 刻】 12:26~13:14
【天 候】 晴れ
【観察種】 11種
  1. マガモ    5. チュウヒ    9. ムクドリ
  2. アオサギ   6. チゴハヤブサ 10. ノビタキ
  3. タンチョウ  7. ヒバリ    11. カワラヒワ
  4. トビ     8. コヨシキリ
【備 考】
今日も立ち入り禁止になっていない防波堤の1/4部分からの観察です。
水面には1つがいのマガモと3羽ほどのアオサギのみでした。
トビが魚らしきものをつかんで飛んでいましたが、草原に落としました。
その後に拾うこともしなかったので重かったのかもしれません。

【年月日】 2021年5月26日(水)
【時 刻】 11:55~12:40
【天 候】 晴れ
【観察種】 18種
  1. ヒドリガモ    7. キジバト   13. ハシボソガラス
  2. マガモ      8. アオサギ   14. ヒバリ
  3. ハシビロガモ   9. カッコウ   15. コヨシキリ
  4. コガモ     10. トビ     16. コムクドリ
  5. キンクロハジロ 11. チュウヒ   17. ノビタキ
  6. カイツブリ   12. チゴハヤブサ 18. カワラヒワ
【備 考】
タンチョウ保護のため堤防のほとんどが立ち入り禁止になっているため、立ち入り可能なところのみです。
水面で一番多いのはアオサギ、カモ類で一番多いのはコガモでした。
チゴハヤブサやチュウヒは上空を飛んでいました。

【年月日】 2021年4月16日(金)
【時 刻】 15:15~19:00
【天 候】 くもり
【観察種】 15種
  1. ヒシクイ     7. ハシビロガモ  13. セイタカシギ
  2. オオハクチョウ  8. コガモ     14. トビ
  3. ヨシガモ     9. ホシハジロ   15. ヒバリ
  4. ヒドリガモ   10. キンクロハジロ
  5. マガモ     11. アオサギ
  6. カルガモ    12. タンチョウ
【備 考】
観察舎近くの広い水面のみに水鳥が見られました。
ヒシクイは27羽でした。
セイタカシギが2羽見られました。
タンチョウは亜成鳥と思われる1羽です。

 

【年月日】 2021年4月8日(木)
【時 刻】 12:10~13:10
【天 候】 晴れ(強風)
【観察種】 17種
  1. ヒシクイ     7. ハシビロガモ  13. トビ
  2. マガン      8. コガモ     14. チュウヒ
  3. オオハクチョウ  9. ホシハジロ   15. ノスリ
  4. ヒドリガモ   10. キンクロハジロ 16. ハシボソガラス
  5. マガモ     11. アオサギ    17. ヒバリ
  6. カルガモ    12. タンチョウ
【備 考】
タンチョウ営巣地保護のため、堤防の半分が通行止めです。
その先にタンチョウが確認できましたが、確認できたのは1羽のみで他にもいたのかどうかは遠すぎてわかりませんで
した。
入ることができない南9線川から多くのカモ類が飛び立ち、チュウヒが低空で飛んだようですが、入ることができないため種類までは確認できませんでした。
ヒシクイは300羽ほどいるようです。

 

【年月日】 2021年3月20日(土)
【時 刻】 14:50~18:20
【天 候】 くもり
【観察種】 13種
  1. ヒシクイ     6. マガモ   11. トビ
  2. マガン      7. オナガガモ 12. オジロワシ
  3. ハクガン     8. コガモ   13. ハシボソガラス
  4. オオハクチョウ  9. アオサギ
  5. ヒドリガモ   10. タンチョウ
【備 考】
マガンやヒシクイが降りることができる水面が少なく感じま
す。
まだ大きな水面が凍っていました。
タンチョウは2羽の成鳥で、つがいと思われます。
一斉にヒシクイとマガンが飛び立ちましたが、地震の時間と一致していました。

【年月日】 2021年3月17日(水)
【時 刻】 12:04~12:45
【天 候】 くもり
【観察種】 9種
  1. ヒシクイ     4. ヒドリガモ  7. トビ
  2. マガン      5. マガモ    8. オジロワシ
  3. オオハクチョウ  6. オナガガモ  9. ハシボソガラス
【備 考】
いつもなら大きな水面があるところはまだ凍っていました。
氷の上にオジロワシが見られました。
遊水地内の中心部分にガンがいるようですが、堤防が通行止めのため、どれぐらいの数がいるかは見ることができません。
上空を通過していくマガンやヒシクイも多いですが、ほとんどが周囲の畑で見られました。
カモ類もすべて周囲の水路で見られました。