舞鶴遊水地 野鳥観察種リスト

2015年上期 2015年下期 2016年上期 2016年下期 2017年上期 2017年下期
2018年上期 2018年下期 2019年上期 2019年下期 2020年上期 2020年下期
2021年上期 2021年下期 2022年上期 2022年下期 2023年上期 2023年下期

【年月日】 2018年7月22日(日)
【時 刻】 11:24~11:56
【天 候】 くもり
【観察種】 14種
  1. マガモ   6. ハシボソガラス 11. ニュウナイスズメ
  2. アオサギ  7. ヒバリ     12. カワラヒワ
  3. オオバン  8. コヨシキリ   13. アオジ
  4. トビ    9. ムクドリ    14. オオジュリン
  5. チュウヒ 10. ノビタキ
【備 考】
草の陰になっているのかもしれませんが、カモ類はほとんど見られませんでした。
カワラヒワやムクドリは、入口付近で群れが見られました。
チュウヒは1羽のみでした。
アオジは中央の林から声が聞こえていました。

【年月日】 2018年7月14日(土)
【時 刻】 11:50~12:30
【天 候】 晴れ
【観察種】 12種
  1. マガモ    5. トビ       9. コヨシキリ
  2. カルガモ   6. チゴハヤブサ  10. カワラヒワ
  3. アオサギ   7. ハシボソガラス 11. ホオアカ
  4. タンチョウ  8. ヒバリ     12. アオジ
【備 考】
タンチョウは飛んだのでわかりましたが、草に隠れると姿がわかりません。
カモ類はほとんどいません。
チゴハヤブサは1羽だけでした。

【年月日】 2018年7月5日(木)
【時 刻】 12:18~12:47
【天 候】 雨
【観察種】 10種
  1. マガモ    5. カッコウ     9. ノビタキ
  2. カルガモ   6. チゴハヤブサ  10. カワラヒワ
  3. アオサギ   7. ハシボソガラス
  4. タンチョウ  8. ヒバリ
【備 考】
温帯低気圧と梅雨前線の影響で水位がかなり高くなっています。
北側は、普段水が無い部分まで水が広がっています。
マガモは3羽、カルガモは2羽だけで、その普段は水に浸かっていない部分にいました。

【年月日】 2018年7月3日(火)
【時 刻】 12:21~12:51
【天 候】 くもり
【観察種】 13種
  1. カルガモ   6. チゴハヤブサ  11. ハクセキレイ
  2. ホシハジロ  7. ハシボソガラス 12. カワラヒワ
  3. アオサギ   8. ヒバリ     13. ホオアカ
  4. タンチョウ  9. コヨシキリ
  5. トビ    10. ノビタキ
【備 考】
水面は静かになりましたが、2羽のみですがホシハジロが見られました。
草丈も高くなったので、確認出来た以上にアオサギもじっさいにはいて、カモ類も草の陰にいるのかもしれません。
2羽のチゴハヤブサが見られました。